探偵が実際行う仕事内容

探偵が実際行う仕事内容

探偵が実際行う仕事内容について見ていきましょう。
探偵が行う仕事としては相談があります。
相談の仕事は、相談にくる人の悩みを確認して、この悩みについて一番適した解決方法についてアドバイスを行うものです。
この際にしっかりと対応ができていると、その後に多く調査依頼がくるようになります。
探偵が行う仕事としては調査があります
調査の仕事というのは、お客さんから依頼されて、聞き込みや尾行、張り込みなどの方法によって証拠を収集するものです。
調査の仕事の場合は、不規則な時間帯に調査がなるので、体力がある程度必要になります。
探偵が行う仕事としては、資料の調査報告書などを作るものがあります。
調査によって収集した証拠などは、調査報告書として一つにまとめます。
調査報告書は、お客さんが調停や裁判で使用することもあります。
そのため、法実務において使用することができる程度ものにしておくことが必要です。
探偵が行う仕事としては宣伝があります。
宣伝の仕事というのは、自社を宣伝するようなチラシ配りやティッシュ配り、宣伝のポスターの貼り付けするなどのものです。
調査の依頼がそれほど多くないような場合などに、探偵事務所によっては行うことが多くあるようです。
探偵が行う仕事としては、機材をメンテナンスするものがあります。
探偵というのは、調査をする際にさまざまな機材を使います。

そのため、調査をする機材を定期的にメンテナンスを行っています。
"